■変声カン(へんごえかん)


【変声カン(へんごえかん)】は、萬遊社の商標登録商品です。
無断で画像や商品名を使用すると法的に罰せられる場合がございますのでご注意下さい。


変声カンの遊び方

当社オリジナル商品です。

当社の変声カンは、【日本国内生産品】です。

* 変声カンの対象年齢は16 歳以上となっております。
* 風船にはご使用出来ません。
(風船はヘリウムガス100%でないと浮きません。)

ご使用前に、缶記載のご使用方法・ご注意等にお目を通し下さい。

  • 変声カンの対象年齢は、16歳以上となっております。
  • 妊娠中の方、体調のすぐれない方、激しい運動の後は使用しないで下さい。
  • 缶の混合ガスを急激に吸引する事はお止め下さい。
  • 風船にはご使用出来ません。(風船はヘリウムガス100%でないと浮きません。)
  • 変声カンの中の混合ガスは、ヘリウムガス80%・酸素20%の深海作業用などに使われる
無害な呼吸用混合ガスです。無色、無臭です。
* 飛行機には持ち込めません。(空輸出来ません。)
 
11.6L1本でガスが出る時間は、約13〜15秒程度です。
肺活量にもよりますが、1本で
約5回前後遊べます(1回の吸い込む時間約2〜3秒として)。


試し押しをされますとガスが無くなりますのでご注意下さい。

変声カンのガスは、無色、無臭です。
(変声カンの中のガスは、ヘリウムガス80%・酸素20%の深海作業などに使われる無害な
呼吸用混合ガスです。)

*混合ガスが声帯を通る事により声が変化します。口に含んだだけでは声が変わりません
  • お酒を多量に飲んでご使用の場合、上手く息が吐けなかったり、ガスを吸えなかったりして、声が変わらない場合があります。
  • ガスを吸うと同時に鼻から空気を吸込んだり、肺に空気が残ったりしていると声が変わらない場合があります

始めに呼吸の仕方を、商品を使用せずにエアーシミユレーションしてみて下さい。

白いノズルの根本の三角の部分に人差し指が来るように缶を持つと押しやすいと思います。

【変声カンの遊び方!】
まず、ゆっくり深呼吸をするように空気を吸って、 
吸った空気を口から吐きだして下さい。
吐き出した状態で軽く鼻をつまみ、ノズルの先端を口にくわえます。
ノズルの根元を指で押しながら、缶の混合ガスだけを吸い込んで下さい。
そのあとすみやかに、声を出せば、ボイスパフォーマンス!

*声が変わるのはひと息分だけです、話す言葉を決めておくと良いと思います!
(混合ガスを吸う時に外気が混ざると声が変わらない場合がございます。)

「シュー」と音がしなくなれば終わりですので、各自治体の処理方法によって廃棄して下さい。

*ユーチューブで【変声カンの遊び方】の動画をUPしておりますので、参考にして下さい。
 
変声カンのガスを吸(す)うコツ! まず空気を深呼吸するように吸って、吸った空気を口から吐き、鼻をつまみ、 怖がらずに【変声カンのガスだけ】をゆっくり 吸って下さい。
(変声カンの中のガスは、ヘリウムガス80%・酸素20%の深海作業などに使われる無害な呼吸用混合ガスです。)
遊び方
  1. 空気を吸います。
  2. 息を吐き出します。
    その状態で、鼻をつまみ先端のノズルカバーを口にくわえます。
  3. ノズルボタンを押しながら、缶の中のガス(人工空気)だけを吸い込んで下さい。
  4. ガスが声帯を通る事により声が変化します。
    ガスを口の中に含むだけでは声は変わりませんので、怖がらずにガスを吸って下さい。
    ※ガスを吸う時に、唇をすぼめて外気を入れないのがコツ!
  5. その後すみやかに、吸った人工空気だけで声を出せば、あなたはボイスパフォーマンスを楽しめます。
あなたの声がアヒルのような(高い)声に変わって聞こえます。 (声が変わるのはひと息分だけです。)
肺活量にもよりますが通常1本あたり約5回前後、楽しめます。
「シュー」と音がしなくなれば終わりです。
注意事項
  • 飛行機には持込めません。(航空搭載不可)
  • 声が変わるのはひと息分だけです。
  • 対象年齢:16 歳以上。
  • ご使用後は、各地域の分別方法で破棄して下さい
参考 *お酒を飲んでご使用される場合は、呼吸が不規則になりますので、肺から空気を出せて無い場合がございます。その場合、声が変わらない事もございますのでお気を付け下さい。
*人前に出ると、緊張して上手くガスが吸えない場合がございます。声が変わらない事にあせってしまって、慌てて吸うと、また変わらなかったりもするので、ゆっくりガスを吸いましょう!(余興をされる場合、1回は練習して頂けると良いかなと思います。また、予備を用意して頂く事をお勧めします。)


 

・取扱い及び保管上の注意 取扱い
技術的対策:使用方法を良く読み、理解してから使用すること。
注意事項:用途以外には使用しないこと。
対象年齢を守ること。
その他、表示された使用上の注意を守ること。
安全取り扱い:温度が40℃以上となるところでは使用しないこと。
注意事項炎に向けて噴射しないこと。
容器を火の中に入れないこと。
容器の転倒、落下など衝撃を加えないこと。

・保管
適切な保管条件:破裂の原因になるので、火気の近くや直射日光の当たる場所、温度が40℃以上 となるところに保管しないこと。特に暖房器具の付近など熱気が当たるところや 車中には置かないこと。
錆の発生しやすい水、湿気の多いところに放置しないこと。
子供の手の届かないところに保管すること。
キャップをして保管すること。
エアゾール製品は性質上、経年変化に伴い缶及び各部品が劣化し、ガス抜けが起 こる可能性があるので、長期保存は避け、なるべく早めに使い切ること。
その他、表示された保管上の注意を守ること。
 
上部へ戻る